不登校ガイド TOP

不登校ガイドへようこそ!

いつからか、日本では「不登校」の問題がよく取り上げられるようになりました。学校というものが出来た当初は「学校に行きたくても行けない」という児童が多かったと言いますが、現代の日本に、そのような面影は一切残っていません。

そもそも、「学校が面白くない」「学校に行っても知りたいことなんて一つもない」「皆のこと嫌いなわけじゃないんだけど、学校に行くのはしんどい」「クラスメイト皆のことが大嫌い」「大人が嫌い」と、理由もバラバラなので、「子供たちの不登校問題をどうにかしよう」と大人達が躍起になっても、100%解消する手段というものは有り得ないのかもしれません。

しかし、学校に行くということは、実際どういうことなのでしょうか?「学校に行けない」ということは、「社会に出られない」ということと同じです。学校に何をしに行くのかといえば、「知識を身に付ける」ことはもちろんですが、それだけが目的なら家で書物を読み、自分で知識を付けることだって出来ます。

学校に通う本来の目的とは何か。学校とは、本来「社会」の仕組みについて学ぶ場所であり、実際自分が「社会」に置かれた時に、常識人としての対応が出来るかどうか。その訓練をしに行く場所が「学校」なのです。先輩・後輩という縦社会があって、先生(敬意を示すべき人)が居て、周りには何十人もの同輩が居る。それが、いわゆる「社会」の縮図なのです。

この「学校」の段階でつまずいてしまうと、「社会」に出た時に対応することが難しくなってきてしまいます。成績が悪くても良いのです。スポーツが出来なくても良いのです。人間関係を上手に構築していける人こそが、「社会」で最も求められる人なのです。

しかし、残念ながら良い担当の先生に巡り会えなかったり、友人関係の構築が出来なかったり、勉強にばかり囚われてしまって、一番教えてもらうべき「社会性」を教えてくれる人が居なかった場合は、残念ながら「不登校」になってしまうこともあります。この不登校ガイドでは、不登校の原因や機能不全家族、フリースクールのすすめなど、不登校に関するあらゆる知識をご紹介したいと思います。

アロマスクール
アロマスクールなら充実なアフタフォローの横浜「アルバアカデミー新横浜校」

ここから鳩対策
をみつけましょう

コインランドリー 開業がおすすめ。

ローコスト住宅
といえば